Basic

RECRUITING SITE

様々な領域のプロが集まるこの環境で、自らの武器を磨き続ける。

システム部門 PM T.O

2011年(中途)

初めて就職したのはゲームの開発会社です。きっかけは親戚のおじさんがゲーム会社で働いていたことなんですが、いつもはぶりが良い印象でした。幼いながらに、きっとゲーム業界は儲かるんだろうなと(笑)。実際、仕事内容も環境も悪くなかったのですが、最終的には3年で転職しました。いくつか理由はありますが、一番は自分の向き不向きに気づき、それを活かそうと考えたからです。毎日プログラミングをして自信がつき始めたころ、他の人より勘が働く場面があることに気づきました。文章校正チームからキャラクターのセリフをチェックし終えたと聞いたので、そのデータを眺めていた時、ここの表現がおかしいなとか、ストーリーの中でこの人の言動が矛盾してるなとか、気づいてしまいました。それが気になって指摘しているうちに、プログラミングに加え、検証作業が増えていきました。だったら、もっとこの力を活かせる場所にいきたいと思って、SI企業に転職することを決めたんです。

T.O

私が思うベーシックの特徴は、とても真っ当なところ。サービス残業や不当な評価はもちろんありませんし、上流工程からすべてを担当するので、全員が責任感を持って仕事に取り組んでいます。入社して数年経って感じるのは、上層部が想像以上にメンバーのことを考えて仕事を割り振ってくれている、ということです。おかげさまで私自身、この数年で非常に成長している実感がありますね。今担当しているのは、システムのベースとなるソフトウェアの移行作業です。これまで使っていたソフトウェアを新しくするのですが、これは0から構築するより難しいんです。両方の特性を熟知して、これまでの使いやすさを維持しつつ改善しなければなりません。ただ、ベーシックには様々な知見をもったスペシャリストがいますから、分からない部分はお互いに補完しながら進められることも強みです。私は元々人見知りなんですが、これまでは先輩たちに受け入れてもらって、この環境に慣れることができました。今後は、新しく入ってきてくれる人と積極的にコミュニケーションをとり、一緒になって頑張っていきたいと思っています。

システム部門 PM T.O

2011年(中途)

メンバーをまとめるプロジェクトリーダーの一日
自宅を出発
通勤は自分のために好きなことができる貴重な時間。本を読んだりスマホで情報を収集したり、自己啓発に励みます。ただし疲れているときは無理せずに。
メールチェック
昨日の退社後に届いたメールをチェック。優先順位をつけて、1つずつ対応していきます。
会議
朝会で各メンバーの進捗状況や抱えている問題を把握。一人ひとりの顔色を見ながら声をかけることも大切にしています。問題が発生した時は、すぐに個別で対策検討会を実施。
ランチ
持参したお弁当を食べて昼休憩。ゆっくり休んで午後に備えます。
作業に没頭
プロジェクトの状況を把握。どのように進めれば最短でプロジェクトが完了できるかを考えます。他にもお客様への報告資料の作成や、成果物のレビュー、メンバーの相談を受けるなどリーダーとしての業務に集中する時間です。
本日の締と明日の準備
各メンバーから1日の報告を受けます。内容によっては緊急の打ち合わせが発生し、遅くなることもしばしば。翌日の作業を整理し、最後にメールチェックして帰宅。
帰宅
今日も1日お疲れ様でした!家に帰って子どもと戯れていると、疲れもふっとびます。